開発

当社の設計

当社にとっての基盤は、研究開発となります。1972年の創業時に、自社で独立した設計が可能な企業として運営していくことを目標に掲げました。この目標の下、当社はお客様の信頼を得て、ビジネスパートナーとして、開発者として、そしてまた、独創的な技術創造者として、存在を認められています。ほぼ全ての自動車において、当社が得意とするベアリングが使用されております。汎用製品がご期待に沿わない場合、いつでもその解決策を提案する準備が整っています。当社製品により、非常に高い相乗効果を生み出すことが可能です。また、当社が持つ300以上の特許が、当社の創造性と従業員の経験の豊かさを証明しています。ギアボックス部品、シート部品、ステアリング部品、サスペンション部品に関わらず、モーションソリュージョンをアイデア段階から量産段階へ発展させます。

専用機械を用いた革新的な生産

当社では設計と開発の段階から、効率的な生産、及び、生産設備の導入に注力しております。当社は自動生産設備を内製しており、生産における柔軟性や多様性を可能にしております。また、FEAを用いる事によって試作段階に至る前から、新規設計する部品のシミュレーションを実施する事ができ、これにより時間の短縮も実現しております。この効率の根本には、当社の優秀な従業員の功績があります。さらには、当社の労働環境は従業員からも評価を得ており、従業員の高いモチベーションを維持しています。

最適化や新規開発に向けた革新的なソリューション

限界に挑戦することが当社の従業員を動かし、効率的で革新的な工程や製品につながります。当社の絶え間のない分析により、既存製品の改善方法を証明し、また、新規開発における効果的な解決案を見出だしています。当社の設計チームは、1つの部品だけに注目するのではなく、総合的なアプローチを取っており、そのシステムに関わる全ての部品を広い視野で見ています。当社の取り組みは視野を広げ、過去の問題に対し新しい解決案を促します。このアプローチがいかに有力なものであるかどうかは、例えば、新しいストラットベアリングのコンセプトが証明しています。ストラットベアリングを成形する為に、異なる素材を先駆的に使用することによって、従来の性能を大幅に改善することができました。

 ニュースレター

当社の最新情報をご覧頂けます。-ニュースレター